肌に直接触れるから

コスメティックスの基本、化粧水の防腐剤

化粧水には防腐剤が含まれていますが、
これは腐らないようにするためです。

よって、無添加のものにも、指定成分に含まれていない
何らかの成分が含まれていることがほとんどです。

そもそも防腐剤の役割をするものが一切入っていない
コスメティックスというのは、腐ったものを肌につける
可能性があるので、かえって危険なのです。

ニキビ肌やトラブル肌だと、ますますひどくなる
可能性があります。

特に化粧水はほとんどの女性が毎日使う基本的な IPSコスメティックスなので、注意が必要です。

コスメティックスに使われる防腐剤の代表である
バラベンも、現在は他の抗菌作用がある成分と
一緒に配合することで、ごく少量ですむように
なりましたので、表示されていても極端に
恐れることはありません。

大切なのは、無添加という言葉や安さだけで
選ばないことです。

IPSコスメティックス評判ってどうなの?

各化粧品会社は、よりアレルギーを起こさない
防腐効果のあるものを研究開発して配合しているため、
ある程度の価格設定はやむを得ないのです。

 

あまりにも安くて無添加と表示されている
コスメティックスの場合は、パッチテストで
安全面をきちんと確認しましょう。

 

化粧水の防腐剤と薬事法で定められていることについて

薬事法第42条第2項では、化粧品に配合する原材料は使用したことで保健衛生上の危険を生じるおそれがある物を配合してはならないという、基準を設けています。
そのため、化粧品に使用する原材料の配合基準量を守っている商品であることが重要になります。

化粧品の品質を保つために配合されていることが多い防腐剤をみていきますと、およそ30成分が配合制限の対象です。
化粧品で粘膜に使用される物、粘膜に使用されなくて洗い流す物と洗い流さない物との3種類に分けて、100グラム中に最大配合が可能な量を定めているのです。種類によっては、同じ成分でも上限が設けられていない物や、配合してはならない物などがあります。
また、16の成分はすべての化粧品100グラム中に配合する最大量を定めています。
微生物が育たない環境を作って腐らないようにする添加物剤は、化粧品基準を守って100グラム中に配合する量を守っていれば問題はありません。

各メーカーは、この添加物剤の配合可能な基準を守って製造と販売を行っていますし、肌にやさしい成分を使用した商品の研究開発に取り組んでいます。
購入する際には、化粧品に含まれている成分に注目してみるといいでしょう。

ページのトップへ戻る